BLOG

スタッフブログ

インフルエンザにかからない為には・・・

みなさんこんにちは♪♪

昨日からまた急に寒さが増してきてだんだんと冬本番に近づいてきていますね

毎年秋から冬にかけては、インフルエンザの流行シーズンです。

高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては重症化してしまう恐れもあります。

そこで今回は流行を防ぐための対策と原因について改めてお話したいと思います。

 

まずインフルエンザは、インフルエンザウイルスが体内に入り込むことによって起こります。

インフルエンザのウイルスにはA型、B型、C型と呼ばれる3つの方があり、

その年によって流行するウイルスが違います。

これらのうち、A型とB型の感染力はとても強く、日本では毎年約1千万人、

およそ10人に1人が感染しています。インフルエンザにかかっても

軽症で回復する人もいますが、中には肺炎や脳症などを併発して重症化してしまう人もいます。

 

重症化する危険性が高い人とは・・・

・高齢者

・幼児

・妊娠中の女性

・持病のある方:喘息のある人、慢性呼吸器疾患(COPD)、慢性心疾患のある人、

        糖尿病など代謝性疾患のある人 など

 

では、そもそもインフルエンザはどのようにして感染するのかというと

感染経路は飛沫感染と接触感染の2つがあります。

 

飛沫感染とは・・

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出。

別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する

※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人の多く集まる場所

接触感染とは・・

感染者がくしゃみや咳を手で押さえ、その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く。

別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染する

※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

このように飛沫感染や接触感染といった日常の些細な事で感染してしまうのです

インフルエンザを予防するためにはその感染経路を絶つことが重要になります。

 

ではインフルエンザから身を守るためには?

1、正しい手洗いをする

 ・外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う

 ・ウイルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使う

2、ふだんの健康管理

 インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなり、

 感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。

 普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておくことが大事です。

 

3、予防接種を受ける

 インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが

 中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。

 インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ

 また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。

 

4、適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

 乾燥しやすい室内では加湿器などを使って

 適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 

5、人混みや繁華街への外出を控える

 インフルエンザが流行してきたら、不要不急のときはなるべく

 人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

 このようにインフルエンザの感染を広げないために一人一人がかからない為の

対策を実践し 、意識することがなにより大切ですね!!

寒さにも負けず元気に冬を乗り越えましょう

 

それではまた次週お会いしましょう(*^_^*)☆彡

冬の結露について

皆様、こんにちは!

今年も残り2ヵ月を切りましたね。

今週末は天気もいいので紅葉を見に行くには

絶好のチャンスではないでしょうか。

京都・嵐山などは本当に毎年綺麗ですよね!

さて、朝夕が冷え込む時期となりましたね!

お部屋で暖房をすると外との寒暖差で窓やサッシ周りに

びっしりと結露が付きますよね。

そのままにしておくとカビやダニの発生によるアレルギーを

起こしたり、家の腐食の原因になったりします。

結露対策を行っていないと、冬は窓の結露が

毎日のように発生します。

結露を放置すると肺炎を引き起こす原因ともなる危険な細菌です。

早め早めに対策したいですよね。

そこで本日は結露対策のお話をしたいと思います。

 

1、換気

結露の原因となる湿気を家の中から追い出すために、

しっかり換気をしましょう!特に部屋干しをしているときは

湿気が発生しやすいのでしっかり換気しましょう!

2、除湿

除湿機や除湿剤を使って、部屋の湿気を吸い取りましょう!

除湿機をかけると部屋干しの洗濯機の乾きが良くなったり、

布団がカラッとしたりするという効果も期待できます。

3、断熱

家の断熱対策をすることで、外の冷たい空気が家の中に入ってこなくなり

結露を防ぎます。

4、室温

寒い冬は暖房で部屋の中をぽかぽかに温めたくなります。

しかし、室温を上げすぎると結露の原因になりますので注意しましょう。

 

いつも寒いという方は断熱窓にリフォームすると

結露を大幅に防ぐことができ健康・快適に暮らすことができますよ!

・取替窓(リプラス専用枠)

高性能ハイブリッド窓へのリフォームで断熱性を高め、

寒い冬も部屋の中が暖かくなります。

(暖房費の節約にもなります。)

・防音・断熱内窓(インプラス/インプラスウッド)

今ある窓の内側に新しい窓を取り付けるだけで施工時間は

1窓最短1時間。樹脂製内窓で断熱性がアップして暖かい空気が

外へ逃げにくくなります。

 

住まいの断熱をおろそかにしてしまうと

冬の寒さだけでなく夏の暑さにも影響があります。

リフォーム費用はかかりますが、後々の冷暖房費は

抑えることができます。

今の家で長く健康・快適に過ごすためにも

窓のリフォームご検討くださいませ。

 

 

それでは、またお会いしましょう(^^)

 

 

 

 

 

LIXIL Arise

皆さんこんにちは!

本日はLIXILのAriseをご紹介致します。

★まる洗いカウンター(ワイド)

カウンターをまるごと壁からカンタンに外せます。

カウンターをまるごと壁からカンタンに外せます。

カウンターの下に風呂イスが収まります。

カウンターの下に風呂イスが収まります

洗いにくいカウンター裏の壁や床もラクな姿勢で洗えます。

 

★くるりんポイ排水口

浴槽からの排水でうずを起こし排水口をキレイにします。

くるりんポイ排水口 

・うずを起こして洗浄します。

くるりんポイ排水口のうず発生イメージ

・ゴミ捨ては、たったの2ステップ。

ゴミ捨ては、たったの2ステップ。 ゴミ捨ては、たったの2ステップ。

  お湯を抜きます     まとまったゴミをポイ!

カウンターや排水溝のお掃除がとても簡単です( ゚Д゚)

これなら毎日のお掃除が苦痛になりませんね♪

 

他にもお湯が冷めにくい、浴槽保温材と保温組二タの

『ダブル保温』構造。

4時間後でもお湯の温度変化はわずか2.5℃以下!

これならゆっくり温もっていただけます

 

壁パネル、床、浴槽、エプロン、カウンター、窓額縁、ドア、シャワーヘッドはデザインもお選びいただけます(‘ω’)ノ

 

 

 

住宅エコポイントについて

皆さんこんにちは。

 

ここ最近、だんだん寒くなってきましたね。

季節の変わり目は、風邪も引きやすいので体調には気をつけて下さいね。

 

今回は、住宅エコポイントのお話です。

まず、住宅エコポイントとは、2009年に初めて導入された制度で住宅の新築・リフォームの際に

断熱性が高い窓ガラスやサッシを購入した方にポイントを付与して支援するのが始まりだそうです。

一度は打ち切られますが、2011年と2014年に再開し、2019年には次世代住宅ポイント制度として

申請出来るようになりました。

 

次世代住宅ポイント制度とは、消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を

満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、様々な商品と交換できる

ポイントを発行する制度です。

新築やリフォームをお考えの方は次世代住宅ポイント制度を利用してみてはいかがでしょうか?

はじめてのキッチンえらび

みなさんこんにちは!!

もう10月も下旬になり、紅白の司会が発表されたりと、年末に近づいていますね

今年が約2か月で終わるなんて信じられません^^;

 

さて、みなさん!!

理想のキッチンを考えたことがありますでしょうか?

料理のしやすさ、お手入れのしやすさ、デザインの美しさ。

理想はあるけれど、何から始めればいいかわからないという方のために今回ご紹介させていただきます。

 

『キッチンをリフォームしたきっかけは?』 ※LIXIL調べ2018年度キッチンリフォーム経験者アンケート

1位 機会が古くなったから

2位 汚くなったから

3位 キッチンが壊れたから

4位 デザインが好みではない

5位 中古物件を購入したため

 

ちなみに、最新のキッチンと機能差が出てきたことで購入を決めた方は全体の約55%で、

設備の老朽化を理由にされた事例多くみられました。

 

では、『キッチンを決める一番の決め手は?』

1位 調理のしやすさ

2位 掃除のしやすさ

3位 収納の豊富さ

4位 コスト

5位 デザイン・インテリア性

 

やはりお料理のしやすさって大事ですよね(^^)

1位~3位までで全体の約70%を占める結果に!

 

それを踏まえてキッチン選びのポイントを紹介していきます!

使いやすいキッチンのポイントはここ!!

 

効率よく作業できるキッチンは動線もポイント。

思想のワークトライアングルの合計は【360cm~660cm】が目安。

★ワークトライアングルとは、シンク・コンロ・冷蔵庫の距離 

 

体に合ったワークトップの高さって?

作業のしやすい高さは【身長(cm)÷2+5cm】が目安。

★低すぎると、腰に負担。高すぎると方や腕に負担がかかります。

 

調理スペースの広さはまな板サイズが基準。

理想の調理スペースの広さは【60cm~90cm】が目安。

★調理スペースが60cm未満は必要さ道具や食材が置ききれず、ワークトップの奥まで

作業スペースとして使うことになりますが、

調理スペースが60~90cmなら必要な道具や食材を置くことができ、ワークトップの

手前だけでゆったり作業できます。

 

使い方に合わせて自由にアレンジ。

シンクやコンロの【位置】、キッチン本体の【奥行きも選べる】

★よく見る右側シンクや、左側にシンクなど自分に合ったものをお選びいただけます。

 

 

こう見ると選べることがたくさんありますね!

 

選ぶことが多すぎて逆にわからないとなる方は、皆さんがどのようなきっかけで、どのように決めたか

ご紹介したいと思います。

 

2人のお子さんの独立を機に、中古マンションの全面リフォームを決めたご夫婦。

奥さんとの二人暮らしに向け、常に顔が見えて声が届くキッチンを目指しました。

ご夫婦は「テーブルからシンクまでの動線がよくなり、とにかく片付けが楽になりました。子供たちが帰った時も

家族がキッチンを中心に顔を合わせられるのが良いですね」と話します。

 

など、二人になり、二人のコミュニケーションを重点におき考えたそうです。

みなさんの家族、どのように暮らしたいかなど考えながら家に合った、

使いやすいキッチンを選んでみてはいかがでしょうか?

 

それではまた次回にお会いしましょう♪