BLOG

スタッフブログ

✧昔からの耐震技術✧

こんにちわhappy01
最近はあたたかい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
GWも始まり、どこかお出かけされる方も多いのではないでしょうかsun
私は先週の日曜日に友人と奈良の法隆寺に行ってきました!

 

法隆寺③  法隆寺② 法隆寺①

法隆寺はご存知のとおり、聖徳太子が607年に創建した寺院で、7世紀後半に一度再建されているものの、
西院伽藍は現存する世界最古の木造建築群です。

 

私たちの目当ては春季特別開扉されている夢殿の救世観音像だったのですが、
法隆寺といえば特に目を引くのは高さ31.5メートルもある木造の五重塔ですよねshine
地震などの自然災害が多い日本で1400年あまりも存在していると思うと少し不思議な感じがしますね…

 

この五重塔はヒノキで造られており、「積み上げ構造」といわれる各重ごとに積み上げていく建築様式で、
上にいくほど塔身の幅が狭くなっており、初重から五重までの屋根の大きさがだんだん小さくなっているのが大きな特徴です。
ぱっと見ると5階建てに見えますが、実は中は吹き抜けで、五層の屋根がついているだけなんです!
塔の真ん中ある心柱は、各重とは独立しており、塔の頂部だけを支えています。
このような独特の建築構造が耐震の役割を果たしているんだそうです!

 

各重が強固につながっているわけではなく、ただ単純に重ねてゆるく留めているだけなので、
地震の際には、上下に重なり合った各重がくねくねと横揺れし、倒壊を防ぎます。
独立している心柱も、各重の床が心柱にぶつかることで、崩壊するほどの横揺れを防ぎ、揺れも吸収するのです。
全体的に不動の振り子のような構造になっており、この技術は現代の高層ビルや、なんとあのスカイツリーにも応用されているそうcoldsweats02

 

約1400年あまりも前の技術が今も生きていると思うとおもしろいですねshine

 

またレイホームの新築工事や建て替え工事では、「耐震等級3」相当で建てる耐震補償付き住宅『スーパーストロング構造体 VALUE(バリュー)』を採用しております。
お気軽にご相談下さい!

 

それではまた次週お会いしましょうtulip

 

★誰にでも簡単に出来る補修作業②★

こんにちは(*^▽^*)

もうじき4月も終わり、みなさんにとって心踊るゴールデンウイークがやってきますねshineshine

旅行にお出かけされたり、心身共にご自宅でゆっくりくつろがれたり。。。

色んなご予定があるかと思いますがsign03

ちょっとした空いた時間で、気になった箇所をご自身の手で補修作業が出来るという

ご紹介を今回もさせて頂きますねhappy01

 

☟このように何かしらの不具合で壁紙(クロス)がめくれてしまった場合・・・

S__12853256

 

☟ホームセンターなどで売ってるボンドでめくれた箇所を貼り付けします。

S__12853251

 

貼り付けをしたらしっかりと指でおさえて、あとはこんな感じでローラーを使って

押さえていきます。

S__12853254

 

☟クロスの継ぎ目が気になったら以前にもご紹介したクロスコークをして下さい。

S__12853252S__12853255

 

あとはしっかり乾かして下さいね。

 

以上で作業は完了です。。。

 

めくれて剥がれてしまった壁紙(クロス)がキレイにお直し出来ました(^_-)-☆

 

 

いかがでしたかsign02 何かしらの参考にしてみて下さい。。。

 

今回の補修作業のご紹介はこの辺で終わりにしますsweat01sweat01

 

では、次回またお会いしましょうhappy01paper

地鎮祭に参加しました♪

みなさんこんにちは!

今朝まで雲行きがあやしかったですがようやくお日様が出てきましたねsun

 

昨日は、弊社で新築工事を予定しているお施主様の地鎮祭に同行させて頂きました!

みなさん地鎮祭ってご存知ですか?eye

地鎮祭とは、工事に先立ち、土地の神様を祝って敷地を清め、

工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りですflair

IMG_3668

地鎮祭のおもな流れは

(1)修祓(しゅばつ)・・・身も心もきれいにはらいきよめます。

(2)降神(こうしん)・・・神さまにおこしいただきます。

(3)献饌(けんせん)・・・神さまにお食事をおそなえします。

(4)祝詞奏上(のりとそうじょう)・・・神さまに工事を知らせ、無事完成をいのります。

(5)四方祓い(しほうばらえ)・・・家をたてる敷地をはらいきよめます。

(6)地鎮の儀(じちんのぎ)・・・かま・くわ・すきで土地に初めて手を入れます。

(7)玉串拝礼(たまぐしほうてん)・・・玉ぐしをそなえ、おいのりします。

(8)撤饌(てっせん)・・・神さまのお食事をおさげします。

(9)昇神(しょうじん)・・・神さまがおかえりになります。

 

が大まかな流れになるのですが、地域によって地鎮祭の内容や順番は異なりますので、

あくまでイメージのご参考にして頂ければと思いますhappy01

IMG_3678

神主様が神様にお食事をお供えしていきます。

IMG_3670

お供え物はおもに清酒、お米、塩、お水、

海の幸、山の幸、野の幸…など、さまざまな種類の食材をお施主様に準備して頂きます。

IMG_3671

神様に捧げる食材として様々な食材をお供えする事で祭壇も華やかになりますねshine

IMG_3675

海の幸のお魚は縁起の良いめでたい「鯛」が代表的ですが、

頭と尻尾がついているものであれば他のお魚でも大丈夫なんだそうです!

IMG_3676

大きな立派な野の幸ですよね!乾物類や、旬な果物などもお供えします。

 

地鎮の儀式では、はじめにお施主様から盛り砂を起こしていきます。

IMG_3682

お母さんとの共同作業で、お子様も嬉しそうなご様子でしたhappy01

そのあとに↓施工者は「えい、えい、えい」と掛け声を出しながら鎮め物に砂をかぶせます。

IMG_3684

鎮め物は私達施工者がお預かりし、新築の基礎工事の時に埋めます。

 

玉串拝礼の儀式では、玉串を神様にお供えして、工事の無事をしっかりと祈念します!

IMG_3688 IMG_3689

神様の前で深々と二礼二拍手一礼をするご家族の姿がとてもほほえましく感じました。

IMG_3692

天気が心配でしたが雨も降らず、地鎮祭を無事に執り行う事ができましたhappy01shine

この度は地鎮祭という貴重な撮影に快く許可を頂き、ご協力を頂きまして誠にありがとうございます。

お施主様にとって、一生の宝物になるような家づくりを目指し、スタッフ一同頑張りますrocksun

 

みなさんいかがでしたか?

地鎮祭は必ずしもやらなくちゃいけない!という決まりはありませんが、

家族の思い出として、そして家族の絆を深め、新たな日々のエネルギーの源になれる意義のある儀式だと感じましたconfidentclover

自然を敬うやさしさに触れ、家づくりに対しての心構えを新たにしていきたいと思います!

 

それではまた次週お会いしましょうpapershine

☆お花見&BBQ★

皆様、こんにちは★

春がやってきましたね!過ごしやすい良い季節です。

弊社は先日、毎年恒例行事 お花見cherryblossom&BBQdelicious

を開催しました!!

天候にも恵まれ、桜も綺麗に咲いていました!

IMG_5505

 

 

 

 

 

 

 

良い眺めですよねhappy02good

まずは、乾杯~!

IMG_5506

 

 

 

 

 

 

 

沢山話しながら、お肉も沢山食べました!happy02

IMG_5509

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉や茸ホイル焼きや野菜、そして焼きそばなど沢山食べました。

 

仕事を忘れてみんなで大盛り上がり、、、beer

色んな話もし、沢山笑い楽しいお花見&BBQでした(^^)

リフレッシュしたので、また仕事頑張ります(^_^)v

 

夜桜も綺麗でしょup

IMG_5507

 

 

 

 

 

 

 

開催場所は鶴見緑地です!

鶴見緑地はBBQのできる施設があります。

(要予約ですが、水道やトイレも近くにあるのでオススメです)

是非これから暖かくなるのでお近くの方は

楽しい休日を鶴見緑地で過ごされてはいかがでしょうか。

自然が沢山ある凄く良い場所ですnote

イベントも良く開催されています!

 

それでは、また来週お会いしましょうdiamond

定例業者会☆

先日、業者・大工ミーティング会を行いました。

第1部から4部まであり、弊社でまとめた改善策を伝えたり、

業者さんからの改善したほうが良いところなど意見交換をしました。

IMG_5257

物件も多くなれば業者さんの数も増えるのでマニュアル通り施工しているか、

みんなの気持ちを一つにするすごく貴重な時間です。

今後もたくさんの意見交換を重ね、さらに良い家づくりができるように努めます!!