BLOG

スタッフブログ

とうとう飛んできた あいつ😷とバレンタイン💓

皆さんこんにちはー✨

まだ2月なのに気温が暖かいと思いませんか?いまだにダウンコートを愛用してるのですが出勤時が暑くて、でも帰りは寒いし!といつも少し汗をかきながら過ごしてます笑

でも私としてはまだまだひんやりしてもらいたいんです…

なぜかというと…。私の天敵が育って分身を散らかしてくるんです😱😱気づくのが遅すぎてダメージ100ぐらい浴びまして、肌も目も大変なことになりました😞😖

 

…お気づきの方もおおいかと思いますが、そうです。

この時期にでてくるスギ花粉です!!!!!!😱😫

スギ花粉のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

1月後半から飛び回ってまだ少ないそうなのですが、、いまからもっと暖かくなることを想像すると…怖くてたまりません🤧😨

 

先日病院にやっと行けて先生のお話をきいたところ今はPM2.5は常に飛んでいて、来月からは黄砂がくると…。

こういう時期は本当に海外に高飛びしたくなります…苦笑泣🙈😭

 

今日は雨が降ってくれたおかげで花粉が地面に落ち快適に過ごせてます。。😿✨ですが、明日またお天気だとその地面に落ちた花粉がぶわっと…。😫笑

 

花粉症をお持ちの方は本当につらい日々が始まりましたが、一緒に乗り越えましょうね!🐱✨

 

 

 

さて、昨日のバレンタインは皆さまいかがでしたか?

 

私ももちろん買いに行きましたよ!!誰に!?もちろん、自分へのご褒美に!!です笑w

チョコビとコアラのマーチの違いは?原作でしんのすけが大好きなお菓子は - スイーツ大陸

 

日本のバレンタインの起源は企業が商業目的にチョコレートの販売を広めたことが始まりだそうで、今の日本のように『女性が好きな男性に気持ちを伝える』といったことが定着したのは始まってからだいぶたってからだそうです。

日本は独自に3月14日はホワイトデーの日と定め、お返し文化も根付かせました。すごいですよね笑。

 

私も振り返れば小学生の時に当時好きな👦に、もじもじしてチョコレートを渡した淡い記憶があります笑でも恥ずかしすぎて告白なんてできないし、とりあえず友達と一緒に、きゃあきゃあいって渡して満足してたような笑…今思えば、そうやって友達と過ごした時間が大切な思い出ですね💓

 

阪急梅田百貨店では毎年、いろいろなお店が全国・世界から集まって特設会場で販売してます😎

 

 

だいたい女子が多いのですが、彼氏と一緒に買いきて一緒に高級チョコをおくりあったり、私みたいに自分のために買ったり、友達とウキウキしながら買いに来てる様子がみれてとても面白いですよ笑

最近のご褒美は仕事から帰ってゆっくりした時間に美味しいチョコレートを一粒食べることです🙋💛笑

その時は束の間花粉のことも忘れます!😭

 

 

皆様もぜひ、ご自身を大切に労わってあげてくださいね✨

今週もあと一日。。

頑張りましょうね😽🥰

2月9日は・・・

ふく(福)の日!!!

節分の日、豆まきをして鬼を追い出しましたか?

そして福の神を招き入れましたか?

インフルエンザやいろいろな風邪っぽいものが流行っていますが

そんなものに負けず元気に暮らしましょう。

ということで・・・今日は・・・

 

ふくの話です。

    

魚の【河豚】なのですが、【ふぐ】は不遇などの

余り縁起の良くない言葉に似て聞こえてしまうため、

フグの本場、山口県下関では「福」と同じ発音の

「ふく」と呼んでおり、記念日も「ふくの日」と名づけられたのです。

日付は2月9日を「ふ(2)く(9)」と読む語呂合わせから、

下関ふく連盟により1980年(昭和55年)に制定されました。

日本でフグを食べ始めたとされる時期は古く、縄文時代。

その後、戦のために集めた兵士たちがフグの毒にあたって

亡くなったのが原因で、豊臣秀吉がフグを食べるのを

禁止したとされています。

その影響で江戸から明治にかけてフグを食べることは禁止されていました。

 

    

 

しかし日本の初代内閣総理大臣であった伊藤博文が下関に宿泊した際、

魚が獲れず困った店がフグを出します。

そのあまりの美味しさに驚いた伊藤の働きかけで、

1888年(明治21年)にフグ食が解禁されたそうです。

 


フグの調理には「ふぐ調理師免許」が必要ですが、

これは国家資格ではありません。

各都道府県の条例で決められているもので、

まず資格そのものの名称も、ふぐ包丁師、ふぐ取扱者、

ふぐ処理師、ふぐ調理士、ふぐ取扱登録者、ふぐ調理者、

フグ処理責任者などと様々。

受験資格や試験内容も違います。

また免許が有効なのは、免許をとった都道府県内だけと

いうことになっています。


2月9日には、ふぐ料理のお店が制定した記念日がほかにもありますが、

いずれも日付の2と9を「ふ(2)ぐ(9)」と読む語呂合わせが

由来となっています。

そして2月9日はまだまだあります。

伝統の和スイーツ、大福(だいふく)の日です。


「大福」は大きな福と書き、それだけで少し幸せな

気持ちになれそうな名前ですね。

日付は、大福の福を「ふ(2)く(9)」と読む語呂合わせから。

株式会社日本アクセスにより2017年(平成29年)4月に制定、

日本記念日協会に認定されました。

 

      


室町時代にも、現在の大福に似た形ものが作られていました。

多めの塩で味付けした塩餡(しおあん)を白い餅で包んでいて、

サイズは今の大福よりも少し大きめ。

丸い見た目が、ふっくらとしたうずらの姿に似ていることから

鶉餅(うずらもち)と呼ばれていました。


その後、現在の大福の前身となる和菓子が誕生するのが1771年(明和8年)。

江戸の小石川に住んでいた女性が、うずら餅のあんを砂糖で甘くしたものに

変えて売ったのが始まりとされています。

 

     


作った人や作られたお菓子の名前については、いくつか伝わっています。

作った人はおたよさん、またはお玉さん。

売り出した時の名前としては「腹太餅(はらぶともち)」

「大腹餅(だいふくもち)」「お多福餅(おたふくもち)」などがあります。

 

ふくを食べて幸せに過ごしましょう♪

 

☆今年の節分☆

皆さん、こんにちは(^_-)-☆

2024年もあっという間に暦の上では2月に入りました・・。

年明け早々に、『令和6年能登半島地震』の大震災で大変は被害があり、あれから1か月が経過しましたが、未だに余震の恐怖が続いてる様子です・・。

心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

さて、明後日2月3日は、≪節分≫ですね😊 

毎年変わる恵方の方角、今年2024年の恵方の方角は【東北東】のようです✨


節分に恵方の方角を向いて恵方巻きを食べると、その年1年の邪気をはらい、福を呼び寄せると言われています。

恵方巻きを食べる時間には特に決まりはありません。

朝ごはんでも、昼ごはんでも、夜ごはんでも、おやつでも大丈夫!
ご自身に合ったスタイルで2月3日の節分は【東北東】の方角を向いて恵方巻きを楽しみましょう(^^♪

 

 

 

ちなみに、プチ情報と勝手に加えますが、皆さんご存じだとは思いますが、

恵方巻きを食べるときに気を付けたいルールや食べ方!についてです。

恵方巻きを食べるときに気を付けたいルールや食べ方を事前に確認しておくことがおすすめです。
ポイントが3つ!!

①「恵方の方角を向いて食べる!」
2024年の恵方は何度も言いますが、東北東。恵方巻きを食べる前にしっかり方角を確認しましょう!

②「1本を切らずに一人で食べる!」
恵方巻きを切ることは縁が切れることを連想させてしまいます。せっかくのご縁を切らないようにするため、恵方巻きは一人で1本を食べきるようにしましょう。

③「黙って残さず食べ切る!」  
恵方巻きを食べることは吉や福を取り込むこと。せっかくの福を逃してしまわないように、心の中で願い事を唱えながらなるべく恵方巻きを口から離さず、黙って食べ切るようにしましょう。

 

 

 

 

もう一つのプチ情報としまして(笑)・・。

 

★恵方巻の定番である基本的な7つの具材

▪かんぴょう

お寿司の巻物に欠かせないかんぴょうは、細く長い形から「長生きできるように」という願いが込められています。

▪しいたけ煮

しいたけは、古来より神様のお供え物とされていました。また。傘の形が陣笠に似ているため、身を守ってくれるという意味があります。

▪伊達巻(もしくはだし巻・厚焼き卵)

伊達巻や卵焼きは、その黄色い色から、財の豊かさ、金運のげん担ぎとして使われます。

▪ウナギ(もしくはアナゴ)

うなぎは古くから縁起のいい食べ物です。「うなぎのぼり」という言葉からもわかるように、出世や上昇などの意味があります。また、うなぎの長い姿が長寿を表しているともいわれています。

▪桜でんぶ

鯛などの白味魚をほぐし、鮮やかなピンク色に仕上げてある桜でんぶ。鯛は「めでたい」という言葉がかかった縁起物であり、ピンク色が華やかさを演出してくれます。

▪海老(エビ)

えびは、紅白の色と目玉が飛び出ていることから「めでたし」という語呂合わせに使われる縁起食材です。また、曲がった腰と、長いひげを持つため、健康長寿の象徴とされています。

▪きゅうり

キュウリは縁起物なの?と疑問に思われる方もいるかもしれません。キュウリはその名前から「9つの利」をもたらしてくれるといわれています。

 

 

一般的な太巻きや巻き寿司の具材を参考にして、恵方巻きの具材を決めるのもよいでしょう。

 

 

そして、後片付けで手間がかかりますが、「鬼は外、福は内!」と豆まきです(笑)

節分には、豆(いった大豆)をまいて、邪気を祓った後に、年齢の数だけ豆を食べて、1年間の幸せを祈ると言われています。 豆をまくことで、病や災いを祓い、更にその豆を食べることで力をいただけると考えられたからです。

 

各ご家庭で、≪節分≫に対しての楽しみ方があるかと思います😊

その年1年の邪気をはらい、福を呼び寄せましょうね✨✨

 

 

 

 

寒い時はご飯を食べて乗り切ろう!🍛

皆様、体調など崩しておりませんか?
インフルエンザ、ウイルス菌、いろいろ流行ってますよね。。。

そんな時は体調が悪くならない様に、ご飯を食べてしっかり体力をつけ、睡眠もたっぷりとりましょう!!

 

実は1月22日が「カレーの日」という事はご存知でしょうか🍛😆

1月22日が「カレーの日」とされる理由としては、1982年に学校給食創立35周年という事で、カレーライスが学校給食のメニューとして決められたそうです😳

 

それから、全国の小中学校の生徒に給食としてカレーライスが提供され、「カレーの日」の由来となったみたいです。

私は小中学校給食だったのですが、学校のカレー本当においしかったですよね?家で食べるのとも違う味で、お店とも違う…当時は恥ずかしくてお代わりしたいと言えなくていつも一杯で我慢してました…もしあの頃に戻れるなら、カレーのじゃんけんも牛乳のじゃんけんも全部参加して好きなものを沢山食べたいです!!笑笑

カレーは非常に種類の多い食べ物ですが、皆様のご家庭はどんなカレーを作りますか?

私はいつも家族に得意料理で披露してるカレーがあるのですが【タモさんカレー🍛】をみなさん知ってますか??

こちらタモリさんが考案したチキンカレーなのですが、とっても美味しいんです!!🥰🥰🥰作り方はインターネットで検索できるのでぜひお時間あるようなら作ってみてください✨🙈🙉

一つ言えるのは、このカレーを男性に披露したらきっと胃袋はつかめると思ってます…笑

ぜひ、1月22日はカレーを食べて、冬を乗り越えましょうね😊

今年はどんな年?

2023年から2024年になり18日が過ぎました。

新年が明けた気分を感じる前に、大災害が起こり

改めて自然の怖さを感じました。

 

季節が同じだからか、私は阪神大震災を思いだしました。

寒くてお水も電気もガスも使えず、ただただ地面が揺れるたびに怖くて

「温かいものが食べたい」とつぶやいたとき、

上司がカップラーメンを作ってくれて、それを食べたときのほっとした感覚。

今でも覚えています。

 

           

 

温かいものを食べると何かが解ける感じがして、涙が流れている感覚もなく

あふれだしました。

あれから数十年、災害への対策はましになったのでしょうか。

寒さに震える人は少しは減ったのでしょうか。

温かいものは食べれているのでしょうか。

ひとりひとりに聞けるわけもないし、テレビを見ているとつらくなるので

確かめてもいないですが、あの大変な思いが今の誰かの幸せにつながって

いればいいなと思います。

建築資材の不足、人手不足等まだまだ問題は山積みでしょうが

どうか1日も早く復興されますように・・・

 

今年は辰年です。

                                     

 

一般的に大きなことがおきる年と言われています。

そして2024年は【甲辰(きのえたつ)】です。

【甲】は十干の最初の文字であり、物事の始まりを意味しています。

この【甲】と【辰】が合わさる2024年の甲辰は、

勢いよく活気あふれる年、上昇の勢いがあり成長していく年と

いわれています。

龍は、その天空に登る姿に昔から【立身出世】や【運気上昇】と

いった願いが込められているもので、中国では権力の象徴ともされている

非常に縁起のいい生き物です。

龍をかたどった置物や絵など、厄除け、開運のためにそうした縁起物を

飾ることも服を招くといわれていますので、お家に飾ってみてはいかがでしょうか。